愛する子供を授かりたいあなたへ(続)

愛する子供を授かりたいあなたへ(続)


1.夫の健康問題

夫の健康問題は、必ずしも病院で見える範囲で、原因が特定できるとは限りません。なぜならば、私たちは偶然生まれてきたわけではありませんし、家族とは重要なご縁があるからです。

つまり、夫の健康問題も原因の一つである可能性はありますが、他にも重複する原因がある可能性もあります。

もし、夫が健康問題を抱えているとすれば、その影響は肉体レベルにまで及んでいる可能性がありますので、病院の診察で明らかになる可能性はあります。

しかし、結果的に健康問題の影響が肉体に現れているからと言って、原因が同じく肉体にあるわけではありません。

だからこそ、エネルギーレベルでその原因を特定することが大切になります。

2.妻の健康問題

一般的に女性は、男性よりも精密で頑丈な体を持っています。ストレスにも強い女性だからこそ、気がついた時には深刻な症状に発展してしまっている場合もあります。

女性も男性も、日々の人間関係でストレスを受けることは間違いありません。

大切な事は、あらゆる病気の原因と言われるストレスを受けないようにすること、そしてストレスを解消することです。

我慢するのではなく、ストレス対処や解消法を知り、実践することが大切ではないでしょうか。

3.親子の契約 & 4.自由意志の問題

親子の関係には、二種類あることをご存知でしょうか。

  • カルマの契約を持つ親子関係
  • 自由意志の親子関係

前者の親子関係では、生まれてからが大変です。なぜならば、親子で学びに取り組むため、親子間で或いは親子一緒に取り組むべき課題が与えられるからです。

親子の間に約束があったとしても、不妊に悩むことがあります。その原因は、子供が生まれてくる時期を見計らっている可能性があります。つまり、親となるあなたの準備が整うまで生まれてこない場合があるのです。

次に、後者の親子関係では、お互いに自由意志を尊重する、自由な親子関係となります。この場合、親子が取り組むべき学びは特にないので、自由で仲の良い親子関係となるでしょう。

自由意志の親子関係を持てる場合でも、不妊に悩む可能性はあります。それは、あなたが否定的な考え方をしている場合が該当します。

5.他の理由

上記4種類の理由以外に、子供を授かることが出来ない原因があります。ここではあえて記述しませんが、キャンデスはその原因を特定することができます。

子供を育てることには、大きな苦労や我慢も強いられますが、自己成長以上の喜びを得られることも事実です。

夫婦二人で過ごすゆとりの人生は素晴らしい経験もたくさんできるでしょうが、子供を育てる喜びはまた別の素晴らしい人生経験となるでしょう。

キャンデスは言います。「ヒロ、人生には様々な楽しみがあるわ。その中でも大きな楽しみは、子育てだと思うの。」

ヒロは頷きます。「そうだね。苦労や心配もあるけど、楽しみも格別だね。」

キャンデスは続けます。「愛を学び実践していくことで、私たちが成長できるとすれば、子育てほど素晴らしい学びの場はないわ。だから多くの人々に、子育てを通して、愛を学び、そしてより大きな喜びを実感してほしいの。」

ヒロは言います。「キャンデスの気持ちわかるよ。ヒロも同じ気持ちだから。」

キャンデスは言います。「ヒロ、ありがとう。これからも子供を授かりたい方々のために、協力してね。」

ヒロは笑顔で言いました。「もちろんだよ。キャンデス。ありがとう。」

あなたが愛する子供を授かるために

アメリカでも日本でも、多くの夫婦が子供を望み、不妊に立ち向かっています。

あなたは不妊に果敢に挑戦する夫婦が、キャンデスに何を求めていると思いますか?

キャンデスは産婦人科の先生ではなく、医者でもありませんが、キャンデスはサイキックであり、エネルギー医学の専門家です。

キャンデスは、サイキック能力とエネルギー医学の専門知識や経験を活かし、あなたに次の3つを行います。

1.肉体よりもエネルギー波動の高い身体のエネルギーバランスの確認と回復

2.エネルギーバランスを崩す原因や対処法の確認

3.生まれてくる子供のご縁の確認

これらは、キャンデスの次世代DNAアクティベーションをお申込み頂ければ、必要に応じて実施させて頂きます。

更に詳細を求める方には、キャンデスのサイキックリーディングをお勧めします。

ご興味をお持ちであれば、キャンデスが選ばれる3つの理由をお読みください。


※当サイトhttp://www.dna-act.com/に掲載する写真や文章は全て「著作権について」に基づき、ダルマキャピタルマネジメント株式会社の所有物であり、著作権者の許諾を得ずにホームページや冊子、その他、いかなる対象に対しての転載を許可しません。

Incoming search terms for the article: