愛する子供を授かりたいあなたへ

愛する子供を授かりたいあなたへ


アラフォーのような言葉が象徴するように、平均結婚年齢は年々向上しており、40代で結婚する人も増えてきました。

結婚をしなければ、お金や時間にゆとりのある独身を楽しめる一方、結婚後の妊娠や出産、育児が大変になるという声もよく聞きます。

30代後半の夫婦に多い悩みが、不妊のようです。

産婦人科によると、不妊の原因は大きく二つあり、男性側の問題と女性側の問題のいずれかだと言われます。

ヒロはキャンデスに聞きました。「不妊に悩む人の原因は、健康問題だけなの?」

キャンデスは言葉を選びながら言いました。「子供を授かるかどうか、それは健康問題だけだとは一概に言えないわ。」

ヒロは質問しました。「健康問題以外にどのような事が関係しているの?」

キャンデスは答えました。「私たちがこの世で生きて行く間に関わる人々は、決して偶然出会う人ばかりではないのよ。つまり、親子や夫婦となる関係の中には、予め計画している関係、つまり契約を持つ親子があるの。」

「それは例えば、ソウルメイトのようなもの?」とヒロは尋ねました。

キャンデスは言いました。「そうね、互いに学び成長する関係をソウルメイトと呼ぶとすれば、その通りよ。」

ヒロは更に質問しました。「不妊に悩む人の話に戻ると、なかなか子供を授からない場合は、どのような可能性が考えられるの?」

キャンデスは答えました。「不妊には、次の5つの可能性が考えられるわ。」

1.夫の健康問題

2.妻の健康問題

3.親子のご縁

4.自由意志の問題

5.他の理由

キャンデスは続けて言いました。「病院で分かるのは、上記1と2ね。でもそれだけが原因じゃないから、不妊治療が必ずしも効果を発揮するわけじゃないのよ。」

ヒロは言いました。「3の親子のご縁というのは、どういう意味?」

続きは、次のリンクにてお読み頂けます。

1.夫の健康問題

2.妻の健康問題

3.親子のご縁

4.自由意志の問題

5.他の理由

Incoming search terms for the article: