中毒・依存症から自由になりたいあなたへ

中毒・依存症から自由になりたいあなたへ


キャンデスの元には、中毒や依存症に取りつかれた人々からの問い合わせが届きます。

薬物やアルコール、ギャンブルやショッピング、ゲームやインターネットなどの依存症と呼ばれるエネルギーに取りつかれた人々。または、人の思念や霊などに取りつかれてしまった人々。

「キャンデス、取り付く存在から解放されるには、どうすべきなの?」ヒロはキャンデスに聞きました。

キャンデスはヒロのエネルギーを整えながら言いました。「まず、そのような状態になってしまった原因の一つは、その人自身が存在に取りつかれることを許可したからだということを、改めて分かってほしいの。」

ヒロは不思議です。「なぜそれを?」

キャンデスは言いました。「それはね、たとえ存在を浄化したとしても、本人が意識して拒絶しないと、再び取り付かれてしまうからよ。」

「もちろん、症状の一部を薬で抑えることはできるかもしれない。だからって、必ずしも根本的な解決とはならないし、薬漬けになるのはお勧めしないわ。」

「じゃ、エネルギー的に身を守るれば、予防策になるのかな。」とヒロ。

「そうよ。」とキャンデス。「言葉や思念もエネルギーとして伝わるわ。家族や友人、仕事関係の人々など、誰と会って、何をしても、エネルギーの交流が発生するの。時には、カフェで横に座っている知らない人が愚痴っていたり、突然、怒りや妬みをぶつけられてしまうことがないとは言えないわ。」

ヒロは聞きます。「じゃあどうすればいいの?」

キャンデスは答えました。「まず、3つの方法があるわ。」

ヒロはすぐさま聞きなおします。「3つの方法?」

「そう3つの方法よ。」とキャンデス。「1に予防、2に治療、3に再発防止よ。」

「もう少し詳しく教えてほしいな。」とヒロ


※当サイトhttp://www.dna-act.com/に掲載する写真や文章は全て「著作権について」に基づき、ダルマキャピタルマネジメント株式会社の所有物であり、著作権者の許諾を得ずにホームページや冊子、その他、いかなる対象に対しての転載を許可しません。

Incoming search terms for the article: